急にタイヤ交換をすることになっても大丈夫?タイヤ交換のよくある疑問を解決

このサイトでは、タイヤ交換について初心者が知っておくべき知識を解説しています。
交換したことがない人の疑問に答える内容で、作業をやってみたいけど自信がない人を後押しする内容です。
作業を行う場所などの基礎的な内容や、手順さえ知っていれば誰でもできることなどを解説しています。
急なパンクなどのトラブル時に一人でも対応できる、知っておくといざという時に役立つ知識を解説しています。

急にタイヤ交換をすることになっても大丈夫?タイヤ交換のよくある疑問を解決

自動車を運転している時によく起こるトラブルにパンクがあります。
障害物を踏んだりする以外にタイヤの劣化などでも起こり、この時にはタイヤ交換が必要です。
作業をやったことがない人は、どのような方法で交換するか、途中でタイヤが外れることはないかなどの疑問があり、タイヤ交換を躊躇してしまいます。
しかし作業自体はとても簡単で、手順さえ知っていれば子供でもできる作業なのです。
重い車を持ち上げるのも専用の工具があれば問題なく、女性でも実施できる作業です。

タイヤ交換はスペアタイヤがないと始まらない

以前に比べタイヤのパンクは減りましたが、それでもたまに遭遇します。
釘などを踏み、刺さったままの状態でエアー圧が若干減った状態などであれば、整備のできるガソリンスタンドやタイヤショップなどへ、スピードを抑えて走れば修理してもらえるでしょう。
ただし釘が抜けている、あるいは抜いてしまうとすぐにエアーの減少が始まるため、その場でのタイヤ交換が必要となります。
最近はスペアタイヤとしてテンパータイヤが搭載されていない車種もあり、その場合はパンク修理キットが付属しているようです。
しかし縁石でタイヤをこすったりしてタイヤ側面に傷を入れたり、最悪裂けてしまったりすると即エアーは無くなりますので、どうしてもタイヤ交換が必要になります。
スペアタイヤの交換はその場で行うことになりますが、なるべく平坦で安全な場所を選び、テンパータイヤを装着する場合は必ず後輪につけましょう。
つまり前輪がパンクした場合でも後輪から一本を前輪に移し、そして外した後輪にテンパータイヤを取り付けます。
前輪側にテンパータイヤを取り付けると、ハンドルを切ったときの左右のグリップ力の差が大きく危険であるため、必ず後輪に取り付けるようにします。

タイヤ交換に必要な工具はすべて車内にある

タイヤ交換に必要な工具は全て車内にあるはずですので、念のため確認しておくことをお勧めします。
これは必要時にはタイヤ交換を人に依頼することなく自力で行えるということであり、ユーザーにはそれが求められているということでもあります。
人里離れた山道でパンクしたような場合を考えてみてください。
もちろん救援を依頼する手もありますが、パンクは自分でスペアタイヤに交換できることが前提になっており、そのため必要な道具は車載品としてクルマを購入した際にセットになっているのです。
タイヤ交換などしたことも想像したことも無い人には、さぞや大型で複雑な道具が多数用意されているに違いないと思われるかもしれませんが、実は基本的なものはたった2つとなっています。
クルマを持ち上げて作業できるようにするためのジャッキと、タイヤを固定するナットを緩めたり締めたりするためのレンチです。

タイヤ交換は車体を持ち上げるためのジャッキが欠かせない

タイヤ交換をする際には必須となるジャッキですが、使い方はメーカーによって違いがありますが、フロントタイヤの場合はタイヤの少し後ろ側の車体の裏側に当てるポイントがあり、リアタイヤの場合はタイヤの少し前側にポイントを見つけることができす。
この当てるポイント以外で車体を上げてしまうと破損してしまうリスクや倒れてしまうリスクがあるので、しっかりとポイントを確認することが重要です。
タイヤ交換をスムーズに行うには、メーカーが後部に備えているジャッキではなく、ラチェット式のタイプの他、油圧式のタイプを別途購入をすることで時短に成功することができます。
油圧式の場合はレバー部分が長いので幅のスペースが必要とされます。
カーポートの下で作業を行う際に限られた空間で大きな油圧式を使えない場合は、ラチェット式を選べば車体を簡単に上げることが可能になります。
通常ではメーカー側は後部荷室の底面を上に持ち上げるとセットが完備されているものなので、後から購入する商品も良いのですがまずは純正品の使い方はマスターしておいた方が賢明です。

車を購入したらいつでもタイヤ交換できるようにしておくべき

車を購入すると自家用車として活用することができますから、多くの家庭で1台ぐらいは持っているような傾向があります。
実際に車を購入した場合は、安全に運転をしないといけませんから、日頃から点検などに力を入れておくと安心です。
タイヤ交換にも意識を向けるのが大切であり、基本的には予備タイヤなどを用意しておくのが重要になります。
走行中にタイヤに異変が起きるようなこともありますから、そのときに予備タイヤを車に載せておけば、その場でタイヤ交換をすることが可能です。
専用の工具などが必要になるだけでなく、最低限の知識も必要になりますから、そのような部分でも事前に準備をしておかないといけません。
タイヤ交換は慣れてしまうことで、誰でも簡単に対応することができますから、タイヤに問題が起きる前に練習しておくのもいいかもしれないです。
新しいタイヤは通販などでも買うことができますから、誰でも簡単に手に入れることができます。

どうしてもタイヤ交換が出来ない場合は業者を呼ぼう

新品で購入したタイヤだったとしても、いつかは交換しなければならない状況になります。
特に溝が薄くなっている状態で運転するのは滑る原因になりやすいので、早めに対処することが大切です。
タイヤ交換の作業は専門家でなければできないものではないため、初心者がチャレンジするのは問題ありません。
ただ、作業をするには工具が必要になりますし、ある程度のスペースも必要です。
また、タイヤ交換の初心者は経験者に比べて怪我のリスクが高いと言えます。
なぜなら、注意すべきことをよく理解していなかったり、見逃していたりするからです。
そのため、タイヤ交換で怪我をしたり、失敗したりする状況を避けたいなら業者を呼ぶのが適切な判断です。
専門家なので全ての作業を任せられますし、終わるのを待っているだけなので怪我の心配は不要でしょう。
利用する際に注意すべきなのは費用に違いがある点です。
業者によって料金は異なるので、比べたうえで依頼することが重要です。

初めて乗る車や初めての道ではパンクしやすいのでタイヤ交換の経験があった方が良い

初めて乗る車とかこれまで走ったことのない道を走るような場合には意外とパンクの危険性が高まりますので、タイヤ交換の経験はあったほうが安心できます。
最初に乗る車では車両の大きさの感覚がまだあまりよく掴めていないために、交差点を曲がる際とか狭い道で対向車とすれ違う際に脇に寄せたりする際などに、縁石でタイヤの縁をこする可能性が高まります。
同様のことは車が初めてのときだけではなく、走る道路が慣れない道であるケースでも当てはまりますから、やはり危険性が高くなるわけです。
パンクを起こしてしまった場合、救援を呼ぶしか方法がないと思っている人も多いかもしれませんが、実はタイヤ交換は自分でもできるというか、できることが前提とされています。
そのために車載工具一式が用意されていて、スペアタイヤとともに交換自体も自力でできるようになっているのです。
救援を呼ぶことが前提なのであればこのような工具をあえて車に搭載する意味はありません。

インパクトレンチがあるとタイヤ交換はスピーディーになる

タイヤ交換は車載の簡素な工具でも行うことができますが、良い工具があればそれだけ簡単にスピーディーにすることができます。
タイヤ交換をする時に時間がかかりがちなのがナットを緩める作業であり、ガチガチに固まっていたりすると中々緩まずに、それだけで時間がかかってしまうことが多いものです。
固まっていなかったとしても、力を使うことになるので休み休み作業をすることになり、やはり時間がかかってしまいます。
インパクトレンチがあれば簡単に瞬時にナットを緩めることができますから、時間の大幅な短縮に繋がります。
ここで一つ注意が必要なのは、インパクトレンチはナットを取り外すときには適していますが、締めるのには不向きということです。
適切なトルクで締め付ける必要があるため、締めるときには普通のレンチを使用して、可能であればトルクレンチで仕上げをするのが良いでしょう。
このように工具を使い分けることで、タイヤ交換の効率は良くなります。

タイヤ交換は教習所で習うのでしっかり覚えておこう

車を運転していると予期せぬタイミングで、ハプニングが起きる場合があります。
いざというときの為に慌てない為にも自動車教習所で習うことをしっかりと覚えておき、正しい対処方法を身に着けておくことをおすすめします。
車の運転中のトラブルで困ってしまうのが、突然のタイヤのパンクです。
今の車はスペアタイヤを積んでいない車も増えていて、実際にタイヤがパンクしたとしてもJAFなどを呼べば対処してくれるので自分で交換するケースは少なくなっています。
実際に自動車教習所でもタイヤ交換は必修の授業ではなく、交換の実習がない所も多いです。
ですがタイヤ交換のやり方を覚えておくことで車への理解も深まりますし、いざという時に慌てず安全な場所に迅速に移動することが出来ます。
タイヤ交換は頻繁に行うものではない為、やり方を一通り覚えておくことがとても重要です。
もしも自分が通う所にタイヤ交換の実習があるという人は、積極的に交換の仕方を習得しておくことをおすすめします。

出発前にタイヤの状態や空気圧をチェックするとタイヤ交換のリスクは減る

車の状態を正確に把握しておくことは、思わぬトラブルを回避する為にも重要です。
特にロングドライブや高速道路を使ったドライブを考えているなら、出発前にタイヤの状態や空気圧のチェックをしておくことが必須です。
タイヤの状態や空気圧のチェックを怠ると、タイヤに強い負担がかかった時にパンクをする場合がありタイヤ交換が必要となる場合もあります。
またタイヤの状態をしっかりと把握しておかないと燃費が悪化して、余計なガソリン代がかかることにも繋がるので出発前のチェックは欠かせないものです。
ガソリンスタンドやカー用品店ではタイヤの状態を点検してもらえるので、遠出や高速走行を行う前には車の状態をチェックしてもらうと良いでしょう。
今はタイヤのバーストが起きても、自分でタイヤ交換が出来ないという人も多いです。
トラブルが起きる前に点検をして、安全な状態でドライブを楽しむことがとても大切です。
日頃から信頼出来るガソリンスタンドや、カー用品店を見つけておくことが大切です。

タイヤ交換に関する情報サイト
タイヤ交換でよくある疑問

このサイトでは、タイヤ交換について初心者が知っておくべき知識を解説しています。交換したことがない人の疑問に答える内容で、作業をやってみたいけど自信がない人を後押しする内容です。作業を行う場所などの基礎的な内容や、手順さえ知っていれば誰でもできることなどを解説しています。急なパンクなどのトラブル時に一人でも対応できる、知っておくといざという時に役立つ知識を解説しています。

Search